2018年4月17日火曜日

コダワリインターン歴2年の大森が春からコンサルファームで大暴れします

こんにちは、インターン大森です!
この度、約2年間続けてきたコダワリインターンを卒業し、この春から外資系のコンサルファームで働きます。

コダワリでのインターン生活を振り返ると、正直辛かったことばかり思い出します。初めてのインターンタスクでは自分の至らなさが故にクビ警告を受け、出だしから「UP or OUT」の洗礼を受けました。
自分の中では渾身の出来だったブログ記事に対し「全く意味が分からない、全書き直し」と言われ、タスクでは「遅すぎ。どれだけ時間をかけるの?」挙句の果てには、「このままじゃコンサル無理だよ」と言われたことも・・・。
何とか死にもの狂いで喰らいつき、無事に大手外資系のコンサルファームから内定をもらい、晴れてコンサルとしての第一歩を踏み出します。

最後のブログ執筆では、コダワリインターンの最大の特徴について綴ります。

成長するにおいて最高の環境
インターンタスクでも、”インターン生だから”という甘えは、一切許されません。日々、厳しさという名の愛情が降り注がれます。コンサルタントとしては当たり前ですが、タスクでは明確な指示は与えられる訳では無く、取り組み方や期限は自分で設定します。必要な知識も自らキャッチアップしていかなければなりません。常に主体的且つスピーディにアウトプットを出せなければ、すぐに他のインターン生へ席を譲ることになります。
ただ、必死にやっていれば、社長をはじめ多くの社員の方々が、忙しい中時間を割き、レビューやアドバイスをしてくださいます。
「上司によって、部下の成長が左右する」という言葉を聞くことがありますが、間違いなくコダワリでは、上司にあたる社員の方々に恵まれました。まだまだ未熟ですが、就活で外資コンサルから内定を頂くまで成長することができたのは、コダワリ社員の面倒見の良さがあったからだと思っています。私も将来、人の上に立つ立場になったら、こんな上司になりたいと目標になっています。

キャラが濃すぎる
コダワリには、社員やインターン生に関わらず、とにかく個性豊かな人が集まっています。そしてコダワリ社では、カート大会、花見やBBQといったイベントがあり、基本的に全社員が集まります。個性豊かな人たちが一同に会する機会だけあって、とにかく盛り上がります(盛り上がりすぎて収拾がつかない時もありますが・・・)。
“皆が目立つ”というあり得ない状況を目の当たりにしてきて、個性(キャラクター)の大切さと仕事をしている時だけでなくOFFも全力で楽しむことを教わりました。

コダワリでの2年間は、今後の仕事や仕事以外の人生にも活きる最高の経験ができました。本当にありがとうございました!

就職する会社には新卒同期が500人いますが、余裕で1番になって何かしらの形で、コダワリに恩返しをします。


P.S.
インターン最終日にもかかわらず、「全然ロジカルじゃない」などと詰めていただける職場です…(泣)
こんな最高の職場に来られなくなると思うと寂しいです。


大森

2018年3月12日月曜日

コンサルの卵がハワイの金髪美女を戦略的にナンパした結果


こんにちは、インターン生の大森です。


先月、卒業旅行として、男6人でハワイに行ってきました。
ハワイといえばバカンスのド定番であり、きれいな海、おいしい料理、豊かな自然等を存分に満喫しました。

しかし、私たち6人の頭の中には、ある共通のモヤモヤがありました。
それは、「女性と全く関わってない」ということです。男だけで過ごしていれば、そう感じてしまうのが男の性。幹事を任されていた私は、何とかとかせねばと、目標と戦略を考えました。

【目標】
ハワイの金髪美女6人と食事の席をセッティングする。
もちろん、ハワイには日本人観光客も多くいますが、せっかくハワイに来たので、現地の方と交流したいという思いがありました。ちなみに、「金髪美女」は私の好みです。

【戦略】
全員をビーチに送り込み、片っ端からとにかく声をかけまくる。
今回はあえて、とにかく人員を導入し、特攻していくシンプルな戦略を選択しました。あまり考え抜かれていない戦略ですが、「数撃ちゃ当たる」という、ある社員の方の格言に従うことにしました。


ビーチには、自分好みの金髪美女がたくさんおり、意気揚々と女性に声をかけ続けます。しかし毎回外人男性が現れ、女性と親しげに会話を始めます。私は蚊帳の外。
「なるほど、考えることは万国共通か。まあそう上手くはいかないだろう。」と高をくくっていましたが、彼らは何故かことごとくうまくいっているように見えます。

よく見てみると、彼らは全員、高身長で超イケメン、ハイブランドを身にまとっていました。ハリウッドスターレベルの男性がたくさんいるのです。

冷静になって分析をすると、顔、身長、筋肉、英語、お金等、考えうる全ての面で負けているのは明確でした。
ベンチャー企業が大企業と戦う例えで、大企業ができないサービスを提供し、差別化をはかりますが、私たちの目には、彼らはどの領域も完璧であり、差別化の余地はないように思えました。案の定、その場にいるほぼすべての金髪美女に特攻しても軽くあしらわれるだけで、残された道は、撤退しかありませんでした・・・。


この屈辱を晴らすべく、次回ハワイに行くまでには、
① 筋肉や英語といった努力で改善できるところを極める
② 外人女性へのヒアリング等を通して彼ら(イケメン外人)の弱みをリサーチし、
    最適な差別化戦略を練る
といったことを実施し、必ずや夢の金髪美女との食事を実現したいと思います。



慶應大学4年 大森

2018年2月19日月曜日

新規事業立案を始めて1ヶ月。ズタボロな状況の中、その教訓を就活生に捧げます。

こんにちは、既卒インターン生の片岡です。

私は現在コダワリインターンで教育事業部の新規事業立案を、1ヶ月くらいやっています。アイデアが湧かなかったり、作業効率が悪く中々前に進まなかったり、悔しい状況が続いており、日々クビになるのではないかとビクビクしています。
そこで、同じ轍は踏むまいと、今までの大きな失敗とそこから得た学びを考え、新規事業立案のポイントをまとめました。すると、就活にも使える要素が出てきたので、就活生に向けて共有したいと思います!

まずは、私がやってきた業務での失敗を棚卸し、気をつけるべきポイントをご紹介します。(もっとあるのですが、一部を列挙します。)


■タスクを振られた際に、そのタスクについてヒアリングをきちんと行わない

まず、新規事業の企画を依頼してきた上長にはきちんとヒアリングをすべきだということがわかりました。受け身で作業していた私には、下記のような弊害が起きてしまいました。

① 提案した案の方向性はすでに検討されており、過去にボツ認定されていた。
② 作成した調査データは既に作成済みで上長がすでにもっていた。
③ 上長が求めるアウトプットイメージ(簡単なまとめ)と私のアウトプットイメージ(詳細に調べて分析したもの)が乖離しており、無駄に時間をつかってしまう。


■ソリューションありきで考えてしまう

新規事業案を考えるフェーズで、私が陥ったのが、顧客やマーケットのニーズを重要視せず、ソリューションばかり考える、という状態です。

例えば、自社の強みを把握して、その強みを活かせるようなサービスを考える、という意識が強いと、下記のような弊害が生まれます。

① 強みは活きるが、そもそも稼げるほどマーケットがない
② 誰も使いたがらないものができる(強みを活かす≠顧客のニーズを満たす)
③ 「強みを活かす=今すぐできること」のニュアンスが強いので、面白いアイデアが出てこない(そもそもこのアイデア出しは顧客のニーズをきちんと把握しないまま行われる)


上記のように、無駄な作業に工数を割いてしまったり、相手のイメージからかけ離れたアウトプットになってしまったり、サービスを考え抜いてもゴミのような案になってしまうといった失敗をしてしまいます。

以上から気をつけるべきポイントをまとめると、
Ⅰ. 仕事の依頼主の考えをしっかり把握する
Ⅱ. ソリューションを考える前に、顧客のニーズを把握する
という2点になります。


次にこの2点を就活に当てはめてみます。

Ⅰ. 仕事の依頼主の考えをしっかり把握する(依頼主=企業)

就活全般に活きるかと思いますが、特にグループワーク(以下、GW)の時に活きます。
GWにも企業側の思惑はあって、こんな感じのアウトプットがいいなあ、というのがあります。直接、社員にヒアリングし完璧に把握することは無理ですが、選択肢を狭めるような質問はできるはずです。その上で、できる限り依頼主の意向を明確にし、アウトプットを作っていきます。

例えば、同じ企画系のGWでも、広告系は枝葉の情報の論理性よりも、面白さなどが重要視されるかもしれませんが、コンサルなどは面白さよりも論理性が重要視されるかもしれません。答えは聞けませんが、随時方向性を確かめながら行っていければ、大きなズレはなくなります。


Ⅱ. ソリューションよりも顧客のニーズを重要視する(顧客=企業)

直接的ではありませんが、顧客のニーズ=企業が求める人材像と定義して考えると、面接時に活きてきます。
ダメな面接例として、案外ありがちなのが、自分の経験やスキルばかりを一方的に話してしまう、まさに、ソリューションありきの話し方をしてしまうことです。企業側にはこんな特徴を持っている人が欲しいという人物像、ニーズがあります。
このニーズに当てはまらない自分の経験やスキルをアピールしてもプラス評価には繋がらず、むしろマイナスの評価を受けてしまうこともあるかと思います。

例えば、主体的に動くことが求められるベンチャー企業の面接で、「依頼された作業はもくもくと最後までやりきります」とアピールしてもプラスの評価が得られるかは疑問です。それよりかは、主体的に行動して結果を出したエピソードの方が響くと思います。



長くなってしまいましたが、これから就活をしていく学生の参考になれば幸いです。

「で、良い企画はできたの?」という突っ込みは受け付けません。これから出します。




インターン片岡

2018年2月6日火曜日

大学のテスト期間で活きるコダワリインターンスキル

こんにちは、おとちゃんです!
先日大学の友達に「インターンブログ見たよ!」と言われて戦慄しています。

さて、大学では、つい先日までテスト期間でした。
多くの大学生がレポート作成やテスト勉強に追い詰められていた中、私は悠々とコダワリインターンに出ておりました。
それは、コダワリインターンで培ったスキルによって、レポート作成やテスト勉強の効率が格段に上がったおかげです。
インターンで得たスキルがどのように活かされているか、一部をご紹介します。

レポート
・知識のインプット速度
 レポートで一番厄介なのは下調べですが、普段からインターンタスクやブログ作成でリサーチ力を高めているため、どんな仕上りにするのか、アウトプットをイメージしながら、無駄のないリサーチができるようになります。

・タイピング速度
 インターンタスクで毎回必死にアウトプットを作っているので、勝手にタイピングスピードが上がっています。正直これが一番スピードに影響しているかも。笑


試験勉強
・的確なヒアリング
 教授がなにを伝えたいのか、瞬時に掴むことができるようになりました。なにを伝えたいか理解しながら聞くと、授業の要点が自然と頭に入ってきます。

・文書の読解力スピード
 コダワリインターンでは短時間で的確なリサーチを求められるので、大量の文書から本質部分を瞬時に理解する必要があります。この体験は、教科書やレジュメを読み込むのに活かされます。


このようにコダワリで培ったコンサルスキルは、テスト週間の様々な場面で活きます。そして効率化された時間は、インターンシップや遊ぶ時間にあてられます。
さらにテスト週間のみならず、日々の勉強を効率化できれば、大学生活が変わり、心に余裕を持てます。就活でもアドバンテージを得られるでしょう。
私は、これからもっとコダワリでスキルを身に付けて、テストでも就活でもアドバンテージを増やしていきます!


とかめちゃくちゃ偉そうなことを言って、テストやレポートを悠々と乗り越えられると思っていた私ですが、全てのレポートを後回しにし過ぎて、結局二徹するはめに。
スキル云々の前に、後回しにする性根から叩き直します…


早稲田大学 2年生
戸賀沢 雄永