2018年6月29日金曜日

サークルで700人を束ねる私が経験談をもとに「組織改革」について書きました。その②

こんにちは。おとちゃんです。

前回の「レビンの変革プロセス」の紹介に続き、今回は私が組織改革を行った際の苦悩とそれを受けてのポイントを綴ります。

まず私の所属するサークルについて少し触れます。
私が所属するサークルは、700人の会員と80年の歴史を誇る法律サークルです。
法律の学習、法律討論大会、他大学との交流会、スポーツイベント等やることは多岐にわたります。そこで現在サークル長を務めさせてもらっております。
近年、会員の活動継続率が低下し、毎年の入会者は700人いるものの、年度末には活動者が80人ほどに減ります。
この課題を解決するためには、活動内容・運営体制など各所に大きな変革が急務で、サークル長になってから取り組んでおります。


変革に取り組む中で、以下の大きな3つの障害を実感しました。
① 人の多さ:全員に変革の意思を伝えること、実行を徹底させることに手間暇がかかる。

② 複雑さ:1つのイベント運営を取っても関係者・関係部署が多く複雑に絡んでおり、理解するにも変えるにも難しい。

③ 伝統:過去の成功体験や長年続けてきたシステムへの慣れが変革へのやる気を阻害する。


これらの障害を乗り越える為に、以下の2つのポイントを意識して取り組んでいます。
・定着するまでしつこく徹底し、長期間やる
短期間でいきなり変革はできず、時間を要します。諦めずにしつこく行っていくことで、小さな成功体験を積み重ねながら、モチベーションを上げ、メリットをみんなに理解してもらいます。また、変革に一貫性を持たせるためにも同じ人が長い期間やる必要があると感じました。

・正しいことよりもシンプルさを求める
例えば変革方針に合わずとも採算が取れている事業、効率のいい業務手順であれば消すべきではないと考えることもあるでしょう。
しかし、例外を作ることで変革に一貫性がなくなり、複雑な形になります。それが故に目的も曖昧になり、変革へのモチベーションが下がっていきます。
シンプルな基準を作り意思決定もシンプルに行うことで、明確かつ公平にしていく必要があります。


以上が私が組織を変革する上で感じた障害と抑えるべき大きなポイントです。

名だたる大企業も変革を掲げてきましたが、成功例は多くありません。
変革に失敗してしまうと、組織で総スカンを食らい居場所がなくなってしまう危険性もあります。(実際に私がそうです汗)

偉そうに綴ってきましたが、実際に私は組織改革を成功させた訳ではありません。
現在も大苦戦中なのですが、最近は変革どころかサークルメンバからの私の信頼も失いかけております。(諸々の素行不良も相まってですが…)
色々悪戦苦闘しながら失敗続きですが、この経験が大学生のうちにできてよかったと思うばかりです。


さて、サークルで居場所もなくなったので、思う存分インターン頑張ります笑


早稲田大学 3年
戸賀沢雄永

2018年6月26日火曜日

サークルで700人を束ねる私が経験談をもとに「組織改革」について書きました。その①

お久しぶりです。おとちゃんです。
最近学業に専念させてもらっており、約3か月ぶりにコダワリインターンに復帰しました!この3か月間、進路・家族・サークル・恋愛など人生で一番悩みを抱えていました笑

特に悩み深いのはサークルについてです。詳しくは次回に書きますが、現在700名規模のサークルのサークル長をしており、サークルの変革に取り組みました。
今回は、組織変革の取組手順の紹介と、私の変革経験談の2部構成です。

変革を成し遂げるためには、ただやみくもに取り組むのではなく「手順」が必要です。この記事では、社会心理学者のクルト・レヴィンによって提唱された変革過程の3段階のプロセスの「レビンの変革プロセス」を紹介します。


「レビンの変革プロセス」には大きく分けて3つのプロセスがあります。
① 解凍
従来からの日常行動、システム、伝統等に慣れた組織の構成員に対して変化の必要性を認識させる段階。
組織に危機意識を醸成すること、変革ビジョンを策定することが必要。

② 変革
変化の方向に向かって新しいやり方を学習させる段階。
支持基盤の確立、具体的な計画の提示が必要。

③ 再凍結
新しいやり方を定着させる段階。
再凍結においては、新しい行動基準や考え方を定着させるために、絶えず新しい行動や考え方を強化、奨励する環境など自律的な仕組み作りが重要。


このように組織変革は急激にできるものではなく、ステップを踏んで行わなければなりません。

小さい組織でも既存の習慣ややり方を変えるのは難しいものです。

ここまで偉そうに書いてきましたが、私はサークルの組織変革に大苦戦しました。
次回は実際に私がサークル長として組織改革を行った時の苦悩とそこから学んだポイントについて綴ります。


早稲田大学 3年
戸賀沢雄永

2018年5月14日月曜日

迷える就活生へ送るAIDMAフレームワークで就活の道標を示す方法(2/2)

元インターン・現コダワリ社員の青山です。

前回にの続いて、今回は紹介したフレームワーク「AIDMA」を就活生向けに使った例を紹介します。
まず、各段階でのあるべき状態と自分を比較し、自分がどの段階にいるのかを確認します。現状の段階確認出来たら、次の段階に行くために何が必要かをアクションで把握しましょう。

【認知段階】
 ・Atention(注意) 何となく業界や有名な企業名は知っているという状態です。
 アクション:
 合同説明会や複数の企業が参加する就活イベント等に参加するのがお勧めです。
 特に業界や職種を絞らず、とにかくどんな企業があるか見に行きましょう。
 またその中で、関心のある企業を見つけてみましょう。

【感情段階】
 ・Interest(関心)何となく関心のある業界、企業、職種が見つかっている状態です。
 アクション:
 自分が関心を持った企業についてなぜ関心を持ったか理由を考えて自分の軸を見つけましょう。また、その軸を持つに至った経緯、背景を探ってみるとより説得力のある軸になると思います。

 ・Desire(欲求)企業を選ぶうえでの軸(自己分析)ができ、その軸とマッチしそうな企業が見えてきている状態です。
 アクション:
 自身の持つ軸と、これまで集めてきた企業情報を照らし合わせ、軸にマッチしている企業を探しましょう。
 これまで、何となくお気に入りだった企業も、なぜお気に入りなのかを、軸の説明とともに具体的に言える状態になりましょう。
 また、それがあなたの志望動機になります。

 ・Memory(記憶)関心のある企業の情報収集や考察ができて、自身の軸とのマッチング度が理解できている状態です。
 アクション:
 ここまで来たらあとは行動するのみです。マッチング度の高い会社から順にエントリーしていきましょう。

【行動段階】
 ・Action(行動)マッチング度の高い企業の選考段階に進んでおり、志望動機が言える。
 アクション:
 企業ごとに選考内容は異なります。そのため、選考内容に合わせた準備を行いましょう。
 筆記試験や、面接の形式など選考の場で全力の自分を出せるよう準備し内定を勝ち取りましょう。

ここまで、就活用AIDMAフレームワークを紹介してきましたが、最後に注意点があります。
それは注意~行動まで一方通行で進んでしまうと様々な弊害があるということです。
具体的には、注意の時点で見つけきれなかった情報があった場合、情報不足の状態で選考に進んでしまう、実は自分とのマッチング度は高くなかったなどが挙げられます。
適宜前段階に戻って情報の収集、精査、考察などが必要です。
精査された情報は多ければ多いほど選択や考察をする際のいい材料になります。
そしてそれはきっと選考の時、役に立つと思います。

ちなみに私の場合、内定を頂いたときは就活用AIDMAを考慮して会社の選定や面接に望めていましたが、就活開始当初は行き当たりばったりの就活をしており、面接で落とされていました。
今考えると何故応募したんだろうと思う企業ばかり受けておりました。
ご縁やタイミングというのもありますが、しっかり準備してこそ、あるものです。


2018年5月7日月曜日

迷える就活生へ送るAIDMAフレームワークで就活の道標を示す方法(1/2)

元インターン・現コダワリ社員の青山です。
入社前から約半年間インターンとして研修を行っておりましたが、入社した翌日からプロジェクトに参画しております(笑)

さて、先日就活生と接する機会がありました。就活も折り返し地点?かと思いますが、一部の方たちから、「今何をすればいいのかわからない」「選考に向けて何を準備すればいいのかわからない」といった声を聞きました。
そこで今回は、そんな迷える就活生に向けてコダワリ唯一のMBAホルダーである私から、AIDMAというフレームワークを活用し、今自分がどんな段階で、何をすればいいかをセルフチェックできるような内容を紹介します。

長くなるので、記事を以下の2段階に分けたいと思います。
・フレームワーク「AIDMA」の説明
・AIDMAを就活生バージョンに応用した例

今回紹介するAIDMAというフレームワークは一般的には消費者の商品・サービスの購入における購買決定の心理的プロセスを表したものです。
A・I・D・M・Aの頭文字から始まる5つの項目があり、大きく認知段階・感情段階・行動段階の3つから構成されます。

このフレームワークは主にマーケティング活動や広告戦略策定などで活用されるものですが、就活生の行動プロセスに当てはめることで、自分自身の現在の立ち位置を確認でき、これから自分に何が必要かを示してくれる道標になると思います。

■具体的にAIDMAフレームワークとは?

AIDMAの構成要素は以下の5つからできています。
 【認知段階】
  ・Atention(注意):認知はしている状態
 【感情段階】
  ・Interest(関心):認知し、関心がある状態  
  ・Desire(欲求):認知し、関心もあり、欲求もある状態
  ・Memory(記憶):認知し、関心もあり、欲求もあり、記憶している状態
 【行動段階】
  ・Action(行動):認知し、興味があり、欲求もあり、記憶しており、行動に移す状態

次回はこれを就活生用に応用したAIDMAフレームワークの活用例を紹介します。
自分なりのこのフレームワークを使って就活時に使うにはどうしたら良いか考えてみてください。


青山